Asleep on a sunbeam

世界=内面なんだって

ちゃんと望んでたっけ?

セドナメソッドの実践記録としてブログを始めたが目覚ましい変化がなく、途中から物欲を否定し悟りを求める方向にいったけど、悟りは求めるものではないと気づき、ただ全て内面だという結論に至った。今は悟りも物も求めている時点で欲に変わりはなく、求めると苦しいよね、でもその欲を否定しなくてもいいんじゃないか、だって生きているんだし、内面に重点を置いて世界を楽しめたらいいなというスタンス。

そこで気づいた。ブログを始めてから一度も願いを明言していなかった!(笑)
セドナメソッドが効果がないというわけではなく、叶うか分からないからブログには書かないという姿勢だっただけだね。書かないだけではなく、浮かんでくる意図を「いや、それはまだ」と何度も取り下げていた。願いを願いと認めたくなかった、怖くて。目覚ましい変化がないのは当然で、内面はちゃんと世界に反映されていた(笑)

そのうち前の記事を整理してブログタイトルも具体的なものにして、もっとオープンに書いていきたいなあと思う。

最近のこと。
無職にも関わらずというか無職になってからの方が人間関係が潤っているのは、それを受け取れるって許可できたからじゃないかなあと気づいた。こちらから歩み寄るのは基本的に苦手なので、相手から反応が来るまでの間に「あ~不快だったかな」「拒否されるかな」とか毎度思考が浮かぶんだけど、そこでハッと気づく。「こうやって自分からそういう状況を作り出そうとしている!不安はあっても思考で決めずに放っておいてみたら?」って。そうすると恐れていたことは起こらず、むしろ予想以上によい結果になったりする。

ふと、パエリア食べたいなあと思った数日後、旅番組でスペイン人がパエリアを作っているシーンを目にし、これはもう食べようと先日美術展に行くついでに美味しく食べることができた。その翌日にもまたテレビでパエリアの映像が流れた。美術展の日はたくさん歩いたので足が痛くなってしまい、急遽デパートへ行き、素敵なエスパドリーユを買った。実はこれも夏までに欲しいと思っていたもの。スペインつながり!ちなみに観たのはプラド美術館展(とプーシキン美術館展)。

先週、図書館で地球の歩き方(南仏 プロヴァンス)を借りた。
いつ行けるかは分からないけど今のうちに情報収集しておいても良いだろうと思って探したら、ありがたいことに最新版が置いてあった。で、パラパラ眺めていたら、昨日フランスに何度も行っている人から「南仏に行かない?」って話がきたよ。
まだ行けたらいいね段階で、具体的なことは何も決まってないけど。

なんだか、コツが分かってきたような気がする・・・