引き寄せ系メソッドはやめた

セドナメソッドを継続するためにこのブログを書き始めました。当初はメソッドさえしていれば、理想の仕事が見つかり理想の出会いがあり幸せなことが起きると思っていました。で、1年ちょっと経過した今・・・私の現実はほとんど変わっていません。あはは。

それでも「今はまだ時期じゃないんだ」「メソッドを続ければ変わる」「もっと良い気分になったらきっと・・・」って無意識に思っていたけど、「今しかないのに今はまだって思っていたらそんなのいつまで経っても来ることないじゃない!」ってはっと気づきました。

というわけで「スピリチュアル本を読むのはやめた。現状を変えるためにメソッドをするのもやめた。気分もそのままでいいや」という結論に至りました。

Amazonでスピリチュアル本の購入履歴を見たら、2008年から年に3冊は購入していました。図書館でもよく借りていたのでかなりの数を読んでいます。そしてこの間私は何かしらの不満を持って不幸だと思い続けていたということ。10年近くも自分のしていることに無自覚で同じことを繰り返していたなんて、恐ろしい。

先輩が貸してくれたのが引き寄せ本でうれしかったというのと矛盾しているようですが、「見えない力」や「大いなる存在」はある(というかそれが意識だ)と思っています。ただそれは、何かを得るため(=エゴを満たすため)に無理に気分を良くして繋がるものではないと今は思います。

こういう心境になったのは、やはり「ニュー・アース」を読んだことが大きいと思う。自分の思考に気づきやすくなったから。そして、セドナメソッドは「自分の感情に気づく」ところはニュー・アースと一緒だし、「手放す」も「そのままにする、放っておく」という意味では同じことのような気がする。「手放す」がよく分からなくて、セミナーを受けたり実践者や解説者のブログを読んだりかなりの時間を費やしたけど、結局レスター・レヴェンソンの物語が全て教えてくれていると今ではわかる。(この「手放す」が、「手放せますか?」と問いかけるとどうしても「早く消したい」「捨てたい」気持ちが起きてかえってだめになることがあった。ただ気づけばいいだけだった!)

 やめた途端、「癒さなければならない過去」が消えていきました。と同時に、心地良い静けさと幸福感が訪れました。メソッドをする必要がなくなったので、これからはただしたいことをしようと思います。このブログにはそれらについて書いていきたいと思います。