読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

HSP

またまた日があいてしまった・・・秋に「能率手帳の流儀」という本を読んで以来、職場で配られた小さい手帳に毎日記録をつけるようになったらブログから遠ざかってしまいました。

Amazonの履歴を見たら、セドナメソッドの本を購入してちょうど1年が経ったことが分かりました。正直、始めた頃に期待していたようなことは起きていません。でも心の中は徐々に変わってきたなあと思います。そしてなぜ今起きていないのかも分かってきました。だからたぶんこのまま進んでいいのだと思う。

セドナメソッドを始めて、日々が過ごしやすくなった。それだけ?と思われそうだけど、心が変わって一日一日が少しずつ変化していった先に望むものもあるのだと思う。実際に始めるまでは、朝起きたら「私」がまるごと「違う私」になって人生も場面転換のように変わるような気がしてた。当然だけど違うね。「今の私」のまま、いつの間にかできることが増えて感じ方が変わっていくのだと思った。

私はHSPだと思う。音や光や人の表情、気持ちに敏感。カフェインを摂ると動悸がする。考え過ぎてしまう。中学生の頃に生きづらさを感じるようになってから、ずっと思考でなんとかしようとしてきた。自分を知るためにそういう類の本もたくさん読んだ。でも感情を解放するうちに、思考することは唯一の解決方法ではないと思うようになってきた。

(そういやセドナメソッドがうまくいかない時は感情を感じるふりをして思考に飲み込まれている)

職場にいると当然いろんな感情が湧いてくる。それを解放してみると「ああここで気持ちがいっぱいになって、もうだめだと思って、辞めていたんだな」って気づく。私は多くの人ができている社会生活が苦手で、すぐに逃げてしまう自分を怠け者だと思っていた。でもむしろ本当は真面目に考え過ぎてしまって、感情に耐えられなくなっていただけだったんだ。

本を読んだり頭で考えるだけでは分からなかったことが、解放を続けるうちに見えてきた。そろそろ目標設定できそうかな(ようやく?!)