プライド

初歩的なミスによって相手をとても不快な気持ちにさせてしまった。最近順調だったのにどうしてこんなことが起こるんだろうと思いながら、出てくる感情を解放し続けた。ひとつずつノートに書きとって解放したら、ほぼ全て、セドナメソッドの本でいうところの「誇り/プライド」からきているものだと分かった。そこでようやく、これまでプライド(こちらの表現の方がしっくりくる)についてきちんと取り組んだことがないことに気づいた。薄々感じながら目を背けていたように思う。いざ始めてみたらどんどん出てきた。リストに載っている言葉がこんなにあてはまるなんて。以前何度か目を通した時はあまり浮かんでこなかった。きっと今が手放す時なんだろう。私はずっと、人と比較すること、他人の目や評価をとても気にすることを自覚していたがやめることができなかった。この習慣はプライドとは別の弱さのせいだと思っていたけど、解放してやっと、それらがプライドの高さに関係していることが分かった。そして気づいた瞬間スーっと楽になって、何かが取れたように身体が軽くなった。