読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

職場の雰囲気が変わった

訳ありな上司の下で一年働き、抱え込んでいた感情があふれて3月は大変だった。解放を始めたからか感情に嘘がつけなくて、しかしスムーズにいかなくて相手と衝突することもあった。でも不満や要求をなかなか言い出せない性格から考えると、これも解放の効果だったりして?その上司が3月で辞めることとなり、相手の去り際まで嫌な気持ちを維持していたくなかった願いが叶った。最後は言いたいことを言えたし、(少し皮肉がこもってはいるけれど)感謝の気持ちで相手を送り出すことができたから。

そして新年度。人はほとんど変わらないのに職場の雰囲気が大きく変わって少し圧倒されている。去年の囲い込み状態から解放され、仕事も増えたし人との会話も増えた。軽やかさ。まだ始まっていくらも経っていないから分からないけど。

それでも春は劣等感を感じやすい。それについて解放をしていたら、今不満に感じている現実も全て自分が望んだことなのではないかとふと思った。うまくいかないことがあって劣等感を感じるというより、劣等感が先にあるからそれを感じ続ける人生の選択をしてしまうのではないかって。ではどうしてそれを望んでいるか書き出して眺めても、うーん・・・あまり納得がいかない。ただそれに気づいた直後に開いた本に、まさに同じことが書かれていた。近づいているような気がする、あと少しのような。